浮気をされる女性の潜在意識には《ある》思考があった!〜潜在意識カウンセラーがお伝えします〜

浮気される女性の特徴

浮気をされる女性の潜在意識には《ある》思考があった!~浮気をされる女性にある思考の特徴~

いつも浮気をされてしまう。

浮気とは無縁そうな男性を選んだはずなのに、また浮気をされてしまった。。

お別れの原因はいつも彼の浮気。

同じパターンを繰り返している女性の潜在意識には、ある思考が刻まれているのです。

潜在意識に刻まれている思考とは?

潜在意識にある思い込みは忠実に現実を創ってくれています。

その思い込みを崩さない限り同じパターンを繰り返してしまうのです。

浮気される女性の潜在意識に刻まれている思考は・・・

・男性は浮気をする。

・男性はバカな生き物。

・愛は奪い合うもの

こういったものが挙げられます。

なぜ潜在意識に刻まれるのか。

潜在意識とは、0歳から6歳の記憶を元に構築されている記憶のデータベースです。

そこから育った環境の中で得た情報や、テレビやインターネットの情報、ご自身が「そうなんだ。」と納得したものが、知らず知らずのうちに、無意識に潜在意識に刻印されていってしまうのです。

生まれてから最初に目にする男性は、父や兄弟かと思います。その頃から男性=父や兄弟という定義が出来てしまっています。なので、父や兄弟を尊敬できていなかったり、見下していると、浮気する男性やダメンズを引き寄せてしまうという結果になってしまうのです。

必ずしも、父が浮気症だったということで、男性は浮気をするという定義ができるとは限りません。

例えば、父が自分のことを可愛いとずっと言ってくれていたのに、妹ができた途端、妹ばかりを可愛がるようになった。こういった事象からも、男性は浮気をするものというような定義が出来上がってしまうのです。

その他にも、芸能人の不倫のニュースなどからも、やっぱり男性は浮気をするんだな、とご自身が納得すると、それが潜在意識に刻印されてしまいます。

定義だけではなく○○していることも…

浮気をするものだ!という定義だけではなく、男性を見下していると、バカなことをするような男性を創り出してしまうのです。

愛は奪い合うものだというのも、兄弟、姉妹と両親の愛を奪い合っていたという事象から出来上がります。

そんなつもりではなくても、無意識のうちに、兄弟や姉妹に勝たなくては愛されないと思っていると、愛は奪い合うもの、勝ち取るものという定義が出来るのです。そして、大人になった今、パートナーが浮気をする事象を作り、三角関係になり、奪い合いを始めてしまうという現実になってしまいます。

主には、0歳から6歳の記憶が基盤となって、現実を創っていますが、その他にも潜在意識に刻印されてしまうタイミングというのはたくさんあるのです。

潜在意識を変えるには…

この思い込みを変えて、現実を変えたい、浮気をされない愛される女性に変わりたい!ということであれば、まずは現実を見て、ご自身の潜在意識には何が刻印されているのかを知ることが重要です。

当たり前ですが、ただ知るだけではもちろん変わりません。

大人になった今だからわかることを、幼少期の自分に語りかけるように、教えてあげることで潜在意識が徐々に変わっていきます。

幼少期というのは、視野が狭く、自分の世界はほぼ家庭の中のみです。ですので、勘違いをしていることがたくさんあるのです。それを自分の中にいる幼少期の自分に教えてあげる。これを何度も何度も繰り返すことによって、潜在意識は徐々に変わっていきます。

潜在意識には、生きていきた年数分思考が入っているで、一度や二度言い聞かせたからといって変わるものでは決してありません。ですので、何度も自分の心が納得するまで、繰り返すことが重要となります。

潜在意識が変わると…

潜在意識が変わってくると、現実が変わってきます。

周りにおめでたいニュースが増えたり、周りの男性が素晴らしい人ばかりになったり、一見自分とは関係のないようなところから変わり始めます。このような変化が見られると、潜在意識が確実に変化してきている証しになります。

ですが、ここでやめてしまうと元に戻ってしまうので、決して気を抜かず書き換えを続けていくことです。そうすることで、いつの間にか、パートナーが浮気をやめ、自分だけを愛するような人に変化します。

最後に…

いかがでしたでしょうか?ここに挙げたものはあくまでも一部になりますが、当てはまる思考はありましたでしょうか?

ご自身の思考を探ることで、今の現実を創り出している思考がわかります。

現実を見て、どの思考が現実化してるのかを探り、書き換えて、理想の現実へとシフトチェンジしていってくださいね^^